こども料理教室で使用した大学生による紙芝居風説明



<新着情報>

2016年

8月

24日

9/11(日)英語も学べるフィリピンの米料理 ご案内 米食文化(郷土)料理教室

16 料理教室(2回目) (1).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 86.5 KB

2016年

8月

23日

8/28 ぶどう狩り&ピザ食事会のご案内

0828ぶどう狩りとピザ食事会.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 383.2 KB

2016年

8月

22日

8/27 米食座学(2回目)のご案内

米食座学(2回目).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 159.6 KB

2016年

8月

21日

8/27(土) 第2回 「米作りの傍らで子どもは遊んだ」

2016年

8月

21日

第1回「米を削り飯を切るよもやま話」:報告

本年度安佐南区助成「区の魅力と活力向上推進事業」広島文化学園米食文化研究会
「食でつながる3つの講座」8月の講座
米食文化に関する座学(全10回)」>
場所:サテライトキャンパスひろしま( 広島市中区大手町1-5-3)
第1回「米を削り飯を切るよもやま話」:報告
日時:8月6日(土)10:40~12:10
話題提供:山下洵子
参加者:7名
参加者からのお便り8.6):
「今日は、ゼミみたいで、楽しいお話をありがとうございました。私個人としては、宮沢賢治さんの
「玄米4合・・・」のお話が納得できて、「和食」はバランス食だということもわかりました。特に、
玄米4合で1日に必要なたんぱく質を摂ることができる、ということで、昨今、いろいろ健康法があり、
玄米食の良さを言うときに、「動物性や他の植物性たんばくを摂らないでも大丈夫!」と言われる点
がわかりました。
ちょうど8月6日ということで、市内も人が多かったですし、暑かったですが。
10月の中村哲先生のお話も楽しみに参ります」 
 
第2回 「米作りの傍らで子どもは遊んだ」 
日時:8月27日(土)10:40~12:10
話題提供:徳政宏一
 

<主な4つの活動>



<ご挨拶>

私たちは、2009年4月、農・食・医 同源研究会を立ち上げました。「いろいろな人と繋がって、生きていること、互いが互いの立場を見る、聞く、考え る場づくりを地域の中に」を願って、農業、漁業、医療などいろいろな分野の方からお話をいただいてきました。2010年4月、農・食・医 同源研究セン ターを設立しました。そして、幸運にも、公益社団法人アクティブベースくれ第8回地域活性化支援制度「幸運(グッドラック)」から助成を受けることができ ました。
 2010年10月1日、一般社団法人として登記しました。これから、「地産地消」、さらに知を産み知を生かす「知産知生」を軸に、活動の輪、人の輪(和)を広げたいと思っております。

■サイト内検索

2016年

8月

03日

期待大きく

2016年

5月

23日

モモ、リンゴ、ナシの袋掛を始めました

今なら、袋掛の体験も出来ます。