こども料理教室で使用した大学生による紙芝居風説明



<新着情報>

2018年

9月

16日

9/15 ブドウ狩りとピザ食事会:報告

日時:9月15日(土)11時~14時
場所:瀬野農園(安芸区瀬野4-1279)
    11:00~ブドウ狩り 担当:中村事務局員
    12:00~14:00ピザ作りと食事
参加:大人10名、子供10名
<一場面の再現>
中村事務局員:皆さんの頭の上に張ってあるネットですが、カラスが熟したブドウを食べにくるのを防いでいます。
でも、カラスはりこうで、見てください。ときどき、ほら、こんなふうに網を破ってブドウを食べるので、食べ残されたブドウが、ほら、こんなふうになっているでしょ。
小学低学年男子(山下の顔を見ながら):カラス、来ないじゃ。
山下:そりゃ、今日はこんにたくさんの人間がここにいるから、怖くて来ないのよ。カラスは人間が怖いからね。
 
子供達にはブドウ棚の1房を自分ではさみを使ってもらい、そのまま食べてもらいました。
ところで、今日もお天気に恵まれました。前夜の土砂降りから少しずつ小雨になり、朝8時半頃、農園に向かう頃は小雨。でも、農園に着くと、雨はすっかりやみ、活動中は良い天気。ときに、陽が射すまでに。そして、片付けて帰る2時半頃、また雨。「農園には晴れ男がいる」伝説がまだ生きています。
 
参加者からのお便り:
9.15):
「山下さんが、イチジクやリンゴを皮ごと食べるのを見て、びっくりしました」
山下より9.16):
「瀬野農園産は農薬の心配がないので、皮ごと食べます。イチジクだけでなく、農園で採れたものはモモもナシもリンゴもブドウもカキも、キウイも、皮ごと食べますよ。作り手の顔が見え、農薬を避けて育てられた果物です。
皮にはいろいろな種類の体に良い成分、いわゆる抗酸化物質や食物繊維が豊富に含まれています。それを知って積極的に皮ごと食べるようになってからは、農園産の旬の果物大好き人間になりました。皆様も農園にお越しのときは、ぜひ、皮ごと食べる採りたて果物の乙な口触りと味も!楽しんでください」

2018年

9月

09日

9/15 ブドウ狩りと手作りピザ ご案内

日時:9月15日(土)
場所:瀬野農園(安芸区瀬野4-1279)
    11:00~ブドウ狩り 担当:中村事務局員
    12:00~14:00ピザ食事会

2018年

8月

30日

9/8 シングルの会 ご案内

日時:9月8日(土)11;00~
場所:事務局(南区大須賀町20-10-1104
参加費:500円と一品持ち寄り )
11:00~15:00 
11:30~12:30 話題提供:海切弘子事務局員
最近、乳酸菌が産生する新機能性物質に関する基礎的研究」のイトルで、学位を取得されました。そこで、
ご自分の研究を紹介しながら、乳酸菌に関する知見などを分かりやすく語ってもらいます。

2018年

8月

28日

ブドウ狩りとバイオリン演奏会:報告

日時:8月25日(土)
場所:瀬野農園(安芸区瀬野4-1279)
   11:00~ブドウ狩り 担当:中村事務局員
   12:30~14:00バイオリン演奏(広島市在住のプロ演奏家 中島睦さん)
参加:31名(うち小学生2名、高校生2名)
週半ばまで日本列島をうろうろしていた台風19号と20号の影響がやっとなくなった、と思いきや、金曜日の天気予報
土曜日の広島南部は、不安定で、降水確率50%、おまけに局所的に大雨・落雷の可能性もあるとかで、土曜日朝、
びくびくの起床でした。やはり、小雨。でも「瀬野農園には晴れ男がいるという」伝説がありますから、何とかなるかな・・・、
でも、「秋の空と男心」といいからなあ・・・、心配は尽きませんでしたが。
農園に着く頃は、ほとんど、空の心配はなくなっていました。そして、終わるまで良い天気に恵まれました。
もも、ぶどう(瀬戸ジャイアンツ、ベリーA,藤稔)、りんご、いちじくを採ったあと、それぞれ持って来られたお弁当を
分けあい、いろいろな味を楽しみました。
演奏会は、予定の13時より早目に始めました。飛び入り友情参加の米川茂樹さんの手回しオルゴールで始まり、続いて
創作楽器(ひしゃく、石油吸入ポンプで作った吹奏楽器)での演奏。
それから、中島睦さんら7名のバイオリンとチェロ演奏。
懐かしい曲や、小学3年生も歌った近代的な歌まで、数々の曲・・・たくさんたくさん楽しみました。
ちょうど、葡萄棚を吹く心地よい風もあって、暑い温度の直撃から免れました。
続きを読む

2018年

8月

15日

色々米ぽんせん ご案内

上野さんの色々米(玄米)を65%と、同じ上野さんのコシヒカリ玄米、白米をまぜて作ったぽんせんです。原材料は米と食塩だけで、砂糖を加えていません。そのまま食べるのもよし、暖かいお蕎麦に天婦羅のように浮かべた「ぽんせん蕎麦」もよし、あるいはまた、上に野菜やハム、卵などを載せてオープントーストのようにして食べるのもお薦め。バターを薄くぬりジャムを挟んで粋な朝食など、いろいろお試しください。冷暗所保存で大体1 年もちますので、備蓄食としても役立ちます。

続きを読む

<主な4つの活動>



<ご挨拶>

私たちは、2009年4月、農・食・医 同源研究会を立ち上げました。「いろいろな人と繋がって、生きていること、互いが互いの立場を見る、聞く、考え る場づくりを地域の中に」を願って、農業、漁業、医療などいろいろな分野の方からお話をいただいてきました。2010年4月、農・食・医 同源研究セン ターを設立しました。そして、幸運にも、公益社団法人アクティブベースくれ第8回地域活性化支援制度「幸運(グッドラック)」から助成を受けることができ ました。
 2010年10月1日、一般社団法人として登記しました。これから、「地産地消」、さらに知を産み知を生かす「知産知生」を軸に、活動の輪、人の輪(和)を広げたいと思っております。

■サイト内検索

2018年

6月

21日

今日の日川白鳳の状況

2018年

4月

10日

瀬野農園