こども料理教室で使用した大学生による紙芝居風説明



<新着情報>

2020年

1月

08日

1/11 シングルの会 ご案内

・日時: 1月11日(土)11時~14時

・場所:事務局(南区大須賀町20-10-1104)
・参加費: 500円と一品持寄り

話題提供:新宅悦雄氏(コーポレーションパールスター社長)「健康の元は元気な足元から」

転倒予防靴下などの製造販売実績を生かした話題などご期待ください。すり足予防の靴下など、店頭で販売しておられる商品見本も試着できるでしょう。

続きを読む

2020年

1月

06日

12/26 シングルの会 ご報告

・日時:12月26日(木)11時~14時
・場所:瀬野農園(安芸区瀬野4丁目1279)

朝出かけるときは小雨。しかし、農園に着くと雨はやみ、寒くもなくやわらかい日差し。参加3名と中村さん、他に農園での作業の方4名と一緒に昼食をとりました。デザートは農園で採れたりんご、ぶどう、みかん。帰りに菊芋、みかん、ぶどう、冬瓜、バラの花などたくさんのお土産をもらって車に乗ると、動き出した途端にまた雨。農園の「晴れ男」にあらためて感謝したことです。

参加者からのお便り:
1.2):「初めて瀬野農園を訪ねました。まだ木にぶら下がったぶどうの房が残っていて、それをいただきました。思いがけないこの時期のぶどうの甘さ、初めて食べる味で、感動しました。春には、機会を見つけて農園通いしたい。うまくいくと自分が袋掛けしたぶどう(もも)を収穫できる、と楽しみにしています」

2020年

1月

03日

【1.3】瀬野農園だより

これからの農園作業は昨年暮れに肥料を施した果樹の根本周辺、直径2m程度を耕運機で耕し、土地を柔らかくし根域の改善をします。中旬からは藤稔他2種類12本のブドウの選定を予定しています。切り取ったブドウの枝は長いのはリースの材料に、短い枝は箸の長さに揃えて、倉庫で乾かし、燃料に、残りの枝はリンゴやモモの
貴重な有機肥料となります。

2019年

12月

23日

12/26 シングルの会 ご案内

シングルの会おでかけ編:

・日時:12月26日(木)11時~14時
・場所:瀬野農園(安芸区瀬野4丁目1279)
・昼食代:500円(15日の「集い 環境・街づくり その後・これから」の会場となった「和の詩」製の玄米おむすび2個と有機栽培コーヒー付き)



<次回のシングルの会>

・日時:2020年1月11日(土)11時~14時
・場所:事務局(南区大須賀町20-10-1104)
・参加費: 500円と一品持寄り

話題提供:新宅悦雄氏(コーポレーションパールスター社長)「健康の元は元気な足元から」
広島市内東急ハンズなどで販売の転倒予防靴下などの製造販売実績を生かした話題をご期待ください。

続きを読む

2019年

12月

21日

12/15 第11回集い「環境・街づくり その後・これから」:報告

第11回 環境・街づくり その後・これから:報告

話題提供:今城 保定医師(大阪府富田林市 今城クリニック理事長)「医師からみたこれからの人生の過ごし方
・日時: 12月15日(日)10時半~12時
・場所:味覚の学校ひろしま和の詩(広島市東区牛田南1-2-17 
・参加:22名
・昼食会:12時~13時(於:和の詩1階)
・参加:22名(午前の部と1名入れ替わり)

前座:岡田浩佑理事長
参加者全員が以下3点をいただきました。
「広島原爆被爆者養護ホームにおける高齢者の医療と生命倫理(看護学統合研究20巻1号 2018年)」
「生きて逝くノート いきいきと生きて逝くために-自分の最期を考えること-(公益社団法人 全国国民健康保険診療施設協議会第一版第2刷 2018年)」
「豊かな人生とともに-私の心づもり-(広島県地域保健対策協議会ACP普及促進WG 2018年)」

参加者からのお便り:
12.15)
「皆様は、病気の事をよくご存知なのに感服しました。次回も参加させていただきます」
「偶然の出逢い、先生の病院の近くに知り合いもいて・・・。今日のお話は日常生活に直結したすぐに実行出来そうなお話で、自分も心掛けている足りない部分を更に強化して習慣として定着させたいと思いました」
「二人の医師によるよく分かるお話ありがとうございました。普段はこうしたご講演でついうとうとすることがあるのですが、この度は、まさに膝を交えての座学であったせいもあり、全く眠くありませんでした」

12.15)
「そろそろと、未知の世界への旅立ちの支度をしています。出発日までの良い過ごし方を学びました」

12.16)
「昨日は楽しい機会を頂きありがとうございました。お二人の先生のお話は分かりやすく大変参考になりました。また、昼食も美味しく、日頃の自分の食生活にカツを入れられました」

12.16)
「昨日は良いお話を聞いて、身体に良い美味しいもの食べて、何よりも良い人たちにまた会えて、新しい人たち出会えて幸せでした」
「昨日はありがとうございました。とても素敵な先生でした。お店も感動でした。機会があれば断食なども参加したいです。季節柄お体には十分にご自愛ください」

「お二人の医師のご活動を、この4日に犠牲になられた中村哲医師の生き方に重ねながら拝聴しました。患者との信頼関係をいつも大切にしておられるのに心打たれました」

<主な4つの活動>



<ご挨拶>

私たちは、2009年4月、農・食・医 同源研究会を立ち上げました。「いろいろな人と繋がって、生きていること、互いが互いの立場を見る、聞く、考え る場づくりを地域の中に」を願って、農業、漁業、医療などいろいろな分野の方からお話をいただいてきました。2010年4月、農・食・医 同源研究セン ターを設立しました。そして、幸運にも、公益社団法人アクティブベースくれ第8回地域活性化支援制度「幸運(グッドラック)」から助成を受けることができ ました。
 2010年10月1日、一般社団法人として登記しました。これから、「地産地消」、さらに知を産み知を生かす「知産知生」を軸に、活動の輪、人の輪(和)を広げたいと思っております。

■サイト内検索

2019年

6月

20日

ブドウ瀬戸ジャイアンツ

ブドウ瀬戸ジャイアンツに雨除け傘を施した風景

2019年

6月

06日

3種類のブドウ

ベリーA

瀬戸ジャイアンツ

藤稔