こども料理教室で使用した大学生による紙芝居風説明



<新着情報>

2017年

12月

13日

12/17 郷土料理教室 ご案内

中国東北の家庭米料理
日時:12月17日(日)10時半~13時半
場所:祇園西公民館(安佐南区長束東6-10-28)
講師:中村 春英(中国生まれ)
menu:包子、酥餅、鶏蛋湯&生春巻

2017年

12月

12日

12/23 第9回集い「環境・街づくり その後・これから」と懇親会 お誘い

2017年

12月

12日

12/10 シングルの会・鯖缶料理教室 ご報告

日時:12月10日(日)11時~14時半
場所:当事務局(南区大須賀町20-10-1104
テーマ:折り紙で認知症予防(その2)
担当:寺山律子さん
参加:6名
菓子入れなどに使えるいろいろな形の容器の折り方を教わりました
次回:
日時:1月27日(土)11時~
場所:当事務局(南区大須賀町20-10-1104
テーマ:鯖缶で簡単料理
担当:寺山律子さん
会費:500円と一品持ち寄り

2017年

12月

11日

12/2 座学「米食文化は健康と繋がる?」 ご報告

第9回:報告
日時:12月2日(土)10:40~12:10
場所:サテライトキャンパスひろしま(広島市中区大手町1-5-3)604室
話題:米作りの喜び
担当:山下洵子(都合により、馬場禎子さんに替わって)
参加:6名
私の体験でもある昭和の米作りから平成の米作りへの変化にちょっと立ち寄り、栄養学の視点から特に米のタンパク質について触れました。宮澤賢治の「アメニモマケズ」に出てくる「1日に玄米4合と味噌と少しの野菜」の食事を、成書2冊を紹介しながら、とり入れた可能性のある野菜を推測し、エネルギー量だけでなくタンパク質・アミノ酸など、栄養学的にどう評価されるか、皆で考えました。
次回10回(最終回)
日時:12月16日(土)10:40~12:10
場所:サテライトキャンパスひろしま(広島市中区大手町1-5-3)604室
話題:旧暦(太陰太陽暦)から見る米の栽培
担当:古川 洋行氏

2017年

11月

27日

11/19 シングルの会 ご報告

シングルの会:報告
日時:11月19日(日)11時~15時
場所:当事務局(南区大須賀町20-10-1104)
テーマ:筆ペンで書く年賀状
担当:吉本晶子さん
参加:6名
次回:12月10日11時~
 
参加者から11.19):
「持ち寄りで豪華な昼食でした。稲荷ずし、茄子の煮もの、栄養汁、実だくさん粥、ひじきの煮もの、
デザートはフルーツケーキに豊かな新鮮フルーツにコーヒー、ココアなどなど、
山下事務局長から、エアーポテト(商品名:宇宙芋)の巨大むかごを見せて頂きました。これを来年植えてむかごができたら馳走するとのこと。うまくむかごが出来ることを期待します。
吉本晶子さんから、筆ペン、小筆を借りて、年賀状を書いてみました。書道歴30年の吉本先生のお手本で、数々の作品ができあがり、それぞれ自宅に持ち帰り来年の年賀状を準備することになりました。黒墨一色でなく、赤い字をアクセントに入れるなど素晴らしい見本で、皆さん来年の戌年素敵な年賀状が届くことでしょう。お楽しみに、、、、、、、」

<主な4つの活動>



<ご挨拶>

私たちは、2009年4月、農・食・医 同源研究会を立ち上げました。「いろいろな人と繋がって、生きていること、互いが互いの立場を見る、聞く、考え る場づくりを地域の中に」を願って、農業、漁業、医療などいろいろな分野の方からお話をいただいてきました。2010年4月、農・食・医 同源研究セン ターを設立しました。そして、幸運にも、公益社団法人アクティブベースくれ第8回地域活性化支援制度「幸運(グッドラック)」から助成を受けることができ ました。
 2010年10月1日、一般社団法人として登記しました。これから、「地産地消」、さらに知を産み知を生かす「知産知生」を軸に、活動の輪、人の輪(和)を広げたいと思っております。

■サイト内検索

2017年

5月

22日

ナシの袋かけが完了しました。

2017年

5月

16日

マスカットベリーA、藤稔、瀬戸ジャイアンツ