2020年

7月

14日

【7.14】瀬野農園だより

ここ数日の雨により国道2号線沿いの瀬野川の水嵩は、橋桁に数メートル下まで増加していました。農園内も園外からの流入水の増加で長靴なしでは作業が出来ない状況でした。モモの色付が昨年より遅れていましたが、武井白鳳、清水白桃が今週末位から収穫出来るようです。今日は防鳥ネット張り、園内除草も終え足場もよくなりました。来週は木曜、土、日曜に農園に行きますから、来園お待ちしています。
続きを読む

2020年

7月

13日

8/1 「生涯現役・学習の会 食と健康---栄養学の視点で」

第2回 高血圧と食事、特に食塩との関連

日時:2020年8月1日10:00~12:00;12:00~13:30昼食会

場所:広島市東区味覚の学校ひろしま(広島市東区牛田南1-2-17)(082-962-2992)

担当:山下洵子(当センター事務局長)

会費:2000円と昼食代1000円

定員:10名(申し込み順)

続きを読む

2020年

7月

10日

【7.10】瀬野農園だより

果物は私のペースに合わせてくれません。以前にも述べましたが今年はモモの開花も昨年より一週間ほどおくれました。それにより実の熟期もおくれました。熟期にな
れば雨の日でも収穫しなければモモは落下したり、ヒヨドリの襲来(写真掲載)をうけます。昨日9日木曜日に日川白鳳の収穫を終え、来週からは普通玉の白
麗、武井白鳳、白鳳の収穫をはじめます。ご贈答などご希望の場合はご一報にいただけたら農園に行きます。
続きを読む

2020年

7月

09日

ヒヨドリによる被害

2020年

7月

04日

【7.4】瀬野農園だより

梅雨の末期に、例年日本列島の何処かで集中豪雨による大災害が有りますが、今年は梅雨明けはまだまだ先と思わされるのに、熊本.鹿児島で球磨川の氾濫などにより、尊い命が失われています。
この広島でも雨や曇り空が続いていますが農園のモモ  は色付き(写真添付)始めました。小玉早稲種の日川白鳳で、糖度、風味とも例年通りです。本格的なモモ  のシーズンはこれからです。来園お待ちしています。
続きを読む

2020年

7月

04日

成熟間近の小玉早稲種(日川白鳳)

2020年

6月

25日

【6.25】瀬野農園だより

7月に入ると瀬野農園では、待望のモモの早稲種日川白鳳、武井白鳳が収穫期を迎えますが、その前にブドウの種無し化2回目のジベレリン処理を行います。

 

その後、2日以上の晴天が続くのを見て、病害虫・鳥害の予防、袋かけを行います。梅雨の長雨時期は天気の長期予防を見ながら作業日を決めます。

 

その昔、山登りのおり小川の水で喉を潤す時、「測候所、測候所と唱えれば腹あたりがしない」との逸話がありました。

 

気象衛星、スーパーコンピューターの助けを得ても、まだまだこの時間の天気の予測は難しいようです。

続きを読む

2020年

6月

17日

【6.17】瀬野農園だより

梅雨の季節も愈々本番となって来ました。熟度の早い農園のトップバッターモモ日川白鳳が色付いてきました。

今月下旬には食べ頃になります。

 

この朝一番にモモの樹下に行くと、早くもお客さんがいました。あの甲高い声を出して、ヒヨドリさん2羽が飛び去りました。

 

モモは木の上部から熟してきますが、薄っすらと桃色に色ずんだ実の表面に傷をつけていました。

 

昨年から袋かけをやめていますから、ヒヨドリさんも食べ放題です。

 

今日の段取りのブドウの手入れを変更して、4本の日川白鳳の廻りの草刈りを終え、樹冠に1枚の防鳥ネットを張りました。賢いヒヨドリさんの被害は明日ははたして.....

続きを読む

2020年

6月

14日

7/4 「生涯現役・学習の会 食と健康---栄養学の視点で」

テーマ:科学と笑おう

 

---「科学」がちらつくもろもろのおかしな話

日時:20207410時半~12時;12時から昼食会

場所:広島市東区味覚の学校ひろしま(広島市東区牛田南1-2-17(082-962-2992

担当:山下洵子(一般社団法人 農・食・医同源研究センター事務局長)

会費:各回2000円と昼食代各回1000

定員:10名(申し込み順)

栄養学は自然科学の一分野です。科学的根拠に沿い、食と健康のつながりを出席者みなで一緒に考えていきたい、と思います。

続きを読む

2020年

6月

12日

【6.12】瀬野農園だより

瀬野農園ではモモ、ナシなどの果物8種類ほどを栽培しています、春には綺麗な花を咲かせてくれます。中学生の頃、理科で花の構造について学びましたが、果物はその花の部位(リンゴは花床、ブドウは子房壁、モモは核.種の外の中果皮)が発達したものを食用として食べています。

農園で栽培している8種類の果物の成長過程で、修正摘果、粒揃え、ツル.徒長枝の整理、園内除草と、皆さんの趣味と同様日々天候と相談して農園に通っています。現在の世の中においても努力すれば達成感と結果が出るのが果物作りです。

続きを読む

2020年

6月

10日

満開のブラックべりー

2020年

5月

31日

マスカットベリーAの花穂

2020年

5月

27日

【5.27】瀬野農園だより

5/27

日曜日は天気も良く多くの方々に来園頂き、6本有るリンゴの袋かけがほぼ完了しました

続きを読む

2020年

5月

25日

【5.25】瀬野農園だより

リンゴの木に若い実がいっぱいついてます。中村さんから、その中からまん丸いのではなく少し長丸で形の良いのを選んで袋掛けをするように指導されました。中村さんによると「こんなにいっぱいなっている実もそのうちどんどん落ちていく。せっかく袋掛けしても、実際に食べ頃まで残るのは何分の一かな。収穫時期、袋の中をのぞくと、実ったとは全くかけ離れた実体に出合うことも多いのですよ」。どうか、これが残りますように、とお祈りしながら掛ましたよ。これまでリンゴは食べるだけで、こんなことなど考えもしなかったことが恥ずかしくなりました。実るまで残るリンゴに自分もなりたい! ともかく、ここで作業をすることでいろんな知識が増えてます。

続きを読む

2020年

5月

23日

【5.23】瀬野農園だより

昨日は就労支援施設の人達ら8名、今日は伊東事務局員他15名の方々に、リンゴの袋かけを手伝って頂き、ほぼナシ、リンゴの袋かけが終わりました。これからは成長旺盛な瀬戸ジャイアンツの芽かきや、棚つけ、傘付け、ジベレリン処理、袋かけと、6月下旬までブドウ専業農家として多忙な日々が続きます。何れにしても好天に恵まれて幸いです。

続きを読む

2020年

5月

19日

つがるの袋掛け

2020年

5月

18日

【5.18】瀬野農園だより

前々から予定の、初めての農園作業参加の来園が2週続けて雨になり今日、実現しました。リンゴつがるの袋かけを朝10時から3まで手伝って頂きました。非常に助かりました。私は、皆さんがリンゴつがるの袋かけをして頂いている間に草刈りをしました。HP写真は草刈り前です。今度の土曜日にまた手伝って頂く事になりました。感謝です。

 

マルメロが昨年虫が着いて殆ど収穫出来なかったので、ことしは袋をかけました。

続きを読む

2020年

5月

11日

【5.11】瀬野農園だより

瀬野の棚田に42日にモモとサクラが咲き乱れ、その1週間後にナシ百枝月(ももえつき)の花が満開になりました。真珠玉の大きさに成長した実を、昨日、摘果作業をしました。ナシは幸水と百枝月の2品種ですが、鈴なりしていた幼果も摘果すると、収穫できる個数は500個程度になります。8月中旬には百枝月が、少し遅くれて9月初旬には幸水が食べ頃になります。

続きを読む

2020年

5月

10日

【5.10】瀬野農園だより

農園のバラ(クイーンエリザベスが真っ赤花)が咲くこの時期になると、多くの作業が待ち受けていますが、雨の日も多く、天気と仲良く付き合ながらの作業となります。昨日までに、30数本のモモの摘果(写真添付)を終え、リンゴ、ナシの摘果がすむと、袋かけへと進みます。ベリーAの幼葉が8になる頃の12日から種ナシブトウにする為のジベレリン処理作業を始めます。瀬戸ジャイアンツ、藤稔も新しいツルが日増しに伸びてきました。この巨峰系ブトウの幼芽の処理とツルの結束へと.....コロナさん早くおさまつてねの思いです。

続きを読む

2020年

5月

10日

ナシ百枝月

2020年

4月

27日

農園の新緑の全景

2020年

4月

26日

【4.26】瀬野農園だより

瀬野農園の三種類のブトウの中で、マスカットベリーAが一番早く新しい目を出します。

 

しかし樹勢は他に比べて弱いので、一つの枝に多数の芽を育てると、房は貧弱になります。

 

そのために今日も脇芽かき作業をしました。

 

瀬戸ジャイアンツ、藤稔は樹勢が非常に強いので、脇芽は少し育てて葉が5〜6枚に成る5月の中頃に摘芯作業をします。

続きを読む

2020年

4月

22日

マロニエの花

2020年

4月

21日

4/25 味覚の学校ひろしま お披露目会

日経サイエンス237(日経サイエンス社20.2.17を読み解く講座 を開きます。

 

日時:20205月~12月 (1回計8)1土曜日10時半~12時; 12時から昼食会

場所:広島市東区味覚の学校ひろしま(広島市東区牛田南1-2-17(082-962-2992

講座提供:山下洵子(一般社団法人 農・食・医同源研究センター事務局長)

会費:各回2000円(または8枚つづりチケット14000円)と昼食代各回1000

定員:5名(コロナ感染予防のため、密集を避けます)

 

栄養学は自然科学の一分野です。科学的根拠に沿い、食と健康のつながりを出席者みなで一緒に考えていきたい、と思います。お披露目回で、講座の具体的な進め方など、ご要望をおききします。

 

<お披露目会> 日時:425日(土)15~16時半

・科学と笑おう

「科学」がちらつくもろもろのおかしな話

 

会費:1000円と昼食代1000

続きを読む

2020年

4月

21日

4/25 シングルの会 ご案内

日時:4月25日(土)11時~14時
場所:事務局(南区大須賀町20-10-1104)
参加費:500円と一品持寄り

岩本事務局員から、TAISO-BOOBOO第2(ラジオ体操第2の入ったミニ録音機)をいただきましたので、食べる・しゃべるに加えて、ラジオ体操第2をしましょう。

重慶からのお土産に重慶特産「火鍋館原装底料」(阪巣という名店の調味料のよう)をいただきました。適した調理を教えてください。事務局風「火鍋」を作りたいと思います。

続きを読む

2020年

4月

20日

【4.20】瀬野農園だより

瀬野は、今日は5名の助っ人があり、モモの花殻つみの作業をしました。リンゴ、ナシの花は今が満開になりました。今年4年目の春を迎える、マロニエの花は一際、綺麗な花をさかせてます。

続きを読む

2020年

4月

12日

4/12 第12回集い「環境・街づくり その後・これから」ご報告

12回集い「環境・街づくり その後・これから」

日時:412日(日)11001200 ニリンソウ花見

集合:東京都板橋区赤塚公園サービスセンター前

参加:3

集まったのは、ニリンソウが板橋区の区の花として選定(1980年)される前からニリンソウの存在を気にしていたニリンソウ自生地近くに住むいたばし自然観察会の旧会員。ニリンソウ自生地800ートルの散策道を、マスクを着けて互いに離れてゆったりと散歩しました。この盛りの季節に、こうして散策ができることを、区の花ニリンソウを保全する会の方々をはじめ多くのボランティアの活動によって活動が広がり、年々自生地が広げられ維持・保全されていることにあらためて感謝。既に故人となった3名の会員を偲びながら、今ここに集う3名それぞれの歳、健康状態を思い、まさに歳々年々花相似たり、歳々年々人同じからずの心境。再会を期待して解散しました。

2020年

4月

01日

3/29  ピザ食事会:報告

日時:3月29日(日)11時~14時
場所:瀬野農園(安芸区瀬野4-1279)
参加:大人9名、子供2名
担当:伊東・中村事務局員

またまた晴天、前日は雨でしたのに。これで、これまで何回行ったか知れない農園でのピザ食事会は、毎回、日和に恵まれたことになります。農園の晴れ男の念力と農
園のご先祖様の御利益のお陰でしょう。

伊東事務局員の手作りピザ生地に、農園育ちのネギやホウレン草、それにベーコンやちくわ、キノコなど思い思いにトッピング。なんとまあ、カレー味のベースや醤油
味ツナ缶一品もあり、今回もまた巷のピザ店では味わえない味を楽しみました。プラス、伊東さん手作りのおはぎや中村事務局員による鉄鍋で揚げた野草の天ぷらも。そ
して、デザートは、農園産の金柑。帰り際にノビルやツクシ摘みもしました。

<お便り>初めての参加者から3.29):
「小川伝いに上がって行って、桜と桃がきれいでした」

続きを読む

2020年

3月

30日

【3.30】瀬野農園だより

昨日のピザ食事会はモモの開花にも間に合い、天気も良く、有意義な一日になりましたね。私も今後、何年管理が出来るか不明ですが、次に繋げるためにも、果物栽培の手引き書を書き上げます。

続きを読む

2020年

3月

29日

瀬野農園の桃

■サイト内検索

2020年

7月

09日

ヒヨドリによる被害

2020年

7月

04日

成熟間近の小玉早稲種(日川白鳳)

2020年

6月

10日

満開のブラックべりー