2017年

9月

02日

10/7  米食文化に関する座学 ご案内

市民が開く健康講座米食文化に関する座学

日時:2017年10月7日(土)10:40~12:10
場所:サテライトキャンパスひろしま
(広島市中区大手町1-5-3県民文化センター6F)

■講師
:森元和行

主催:広島文化学園米食文化研究会

企画:一般財団法人農・食・医同源研究センター

続きを読む

2017年

8月

29日

9/23  果樹栽培体験と秋の果物収穫 ご案内

日時:9月23日(土、祝日)
担当:中村事務局員
内容:果樹栽培体験と秋の果物収穫
食事:冷やしそうめんと果物のデザート(今回は、ピザは焼きません)
参加費:大人500円、子供300円
予想では、ブドウ(瀬戸ジャイアンツ、ベリーA)、イチジクが食べ頃でしょう。
続きを読む

2017年

8月

26日

第3回: 9月2日(土)米作りの喜び ご案内

広島文化学園米食文化研究会との協働事業
(於:サテライトキャンパス6階 広島市中区大手町1-5-3)
9月の座学
・ 第3回: 9月2日(土)10時40分~12時10分
テーマ:米作りの喜び
話題提供:馬場禎子事務局員
・ 第4回: 9月16日(土)10時40分~12時10分
テーマ:米・飯につながる日本の歌(米・飯につながる日本語を変更します)
話題提供:浅田 操さん(既報の話題提供者を都合により変更します)

2017年

8月

19日

8/26 シングルの会 ご案内

日時:8月26日(土)11時半~
場所:センター事務局(南区大須賀町20-10-1104)
勉強会:歌でつづる昭和史
担当:浅田 操  事務局員
参加費:500円と1品持ち寄り

2017年

8月

18日

8/14  桃狩り体験とピザ食事会:報告

日時:8月14日(月)11時~14時
場所:瀬野農園(安芸区瀬野4-1279)
担当:中村事務局員
参加:大人6名、高校生1名、子供1名
清水白桃、白麗(はくれい)が収穫できる予定で、桃狩りの呼び込みでしたが、どちらの品種もほとんど終わり。ほんの少しだけ
残りを収穫して農園栽培のトマトも一緒に加えてフルーツピザを焼きました。中村さん手作りピザ生地は、内容が企業ヒミツだ
そうですが、どんどん進化して、今回のは市場のよりはるかに良質の焼きに仕上がりました。
ピザの後、流しそうめんをしました。農園を訪ねた方が、良い流し装置を竹を割って作ってくださったことに感謝。
お土産は、桃に代わって、収穫したブドウ(べりーAと藤みのり)に変更していただきました。
 
次回の瀬野農園での催し:農園体験:
日時:9月23日(土、祝日)
担当:中村事務局員
内容:果樹栽培体験と秋の果物収穫
食事:冷やしそうめんと果物のデザート(今回は、ピザは焼きません)
参加費:大人500円、子供300円
予想では、ブドウ(瀬戸ジャイアンツ、ベリーA)、イチジクが食べ頃でしょう。

2017年

8月

09日

8/19 米作りの傍らで子供は遊んだ

 第2回   8/19(土)   米作りの傍らで子供は遊んだ   徳政 宏一

                  (全国車いすけん玉倶楽部 代表)

    畑仕事の傍らで子どもたちは遊んだ、そして今も、それが けん玉!

  懐かしいけん玉で一緒に語らい、遊びませんか?

続きを読む

2017年

7月

31日

8/14  果樹栽培体とピザ食事会 ご案内

日時:8月14日(月)11時~14時
場所:瀬野農園(安芸区瀬野4-1279)
参加費:大人1500円、子供800円

続きを読む

2017年

7月

25日

7/24 シングルの会 ご報告

シングルの会
日時:7月24日(月)11時半~
場所:センター事務局(南区大須賀町20-10-1104)
勉強会:歌による元気づくり
担当:中柳美恵子事務局員
参加:7名
中柳事務局員から7.24):
大した準備ができませんでしたが。皆様との談笑で有意義な時間の交流となりました。8月6日の平和発信もいくぶんでき、センター通信への報告、追っていたします。暑さ厳しくなりますがご自愛ください!
 
次回のシングルの会
日時:8月26日(土)
担当:浅田 操  事務局員
勉強会:歌でつづる昭和史
 

2017年

7月

24日

7/23  桃狩り体験とピザ食事会 ご報告

日時:7月23日(日)10時から14時まで
場所:瀬野農園(安芸区瀬野4-1279)
参加:大人19名、高校生1名、子供2名:計
清水白桃はちょうど食べごろ。最後まで残ったグループは、熟れ始めた「藤稔(ブドウ)」を1粒だけ口にして、食べごろのブラックベリーも味わいました。
足の悪い高齢女性をずーとさりげなくカバーしていた高1男子、お孫さんかと思っていましたが。全く初対面の他人。仲良く遊んでいた子供2人、兄弟かと思いましたが、ここで会ったばかりで二人とも一人っ子だそうで、すぐに仲良し。食べ終わったあと、子供が高校生とハンモックで揺れていました。場の雰囲気になじんだらしい子供たちをみながら、こちらほんわか気分、有難いことです。
参加者から7.23):
「桃狩りは初めてで、よい体験になりました」
「果樹とその周りの緑にほっとしました」
バナナと収穫したばかりの桃とトマトを一緒にトッピングしたフルーツピザもおいしかったです」
鳥羽事務局員から7.24):
こんばんは。昨日は、楽しい一時をありがとうございました。暑くてもカンカン照りでなく曇っていたので気分的に楽でした。
でも、やはり夏ですから私達しっかり汗をかきました。初めて会った年齢の違う、子どもから老人が20人くらい集まり、それぞれがトッピングした焼きたてのピザ等美味しくいただきました。それに差し入れのワインで、ますます盛り上がりました⤴⤴ こんなに楽しく食事会できるなんて素晴らしい体験でした‼ 初めて会った子ども達が、まるで兄弟のように「お兄ちゃん。お兄ちゃん」と言って遊んでる姿は、ほのぼのと暖かい愛情を感じるほほえましい光景でした✨ 畑に行き、
桃を自分で木からもいで袋から出すと、大きくて綺麗なピンク色でホットしたり、虫が食べて茶色くなった部分が有ったりいろいろでした。お店で売ってる綺麗な桃が高いはずと納得しました。帰りには、採れ立ての桃をお土産に頂きありがとうございました。買った桃を、知人や友人に配るととても喜んでもらいました。次回、8月14日のぶどう狩りを楽しみにしてます🎵
ありがとうございました‼
 
次回の桃狩り体験とピザ食事会
日時」8月14日(月)11時~14時

2017年

7月

10日

8/5 8/19 米食文化は健康と繋がる?

2017年

7月

07日

【7.7】瀬野農園だより

各地で梅雨末期の豪雨が続いています。私ごとで恐縮ですが、故郷八女の実家は被害はまぬかれていると兄からの伝でした。
瀬野農園は南に面している棚田で、日当たり、排水は良好で、北から南への良風が吹き、果樹栽培には最高の地形です。
幸い今年は天候に恵まれ、最初に熟する、モモ日川白鳳は玉太りも最高でした。今月下旬から収穫出来る、モモ清水白桃も多くの実を付け、順調に育っています。
最高級品のブドウ瀬戸ジャイアンツは粒に独特のクローバーマアー🍀もはつきりと浮き上がつています、9月中旬に種ナシで皮ごと食べれる通称ブドウ桃太郎にご期待下さい

続きを読む

2017年

6月

30日

双方向講座 米食文化は健康と繋がる?

2017年

6月

30日

7/9  果樹栽培体とピザ食事会 ご案内

日時:7月9日(日)および23日(日)10時から14時まで
場所:瀬野農園(安芸区瀬野4-1279)
参加費:大人:1500円 子供800円(農作業に関わられた方は無料)
申込:開催日の2日前まで

続きを読む

2017年

6月

29日

7/24 シングルの会 ご案内

日時:7月24日(月)11時半~
場所:センター事務局(南区大須賀町20-10-1104)
勉強会:歌による元気づくり
担当:中柳美恵子事務局員
会費:500円と1品持ち寄り

2017年

6月

19日

6/17 シングルの会 ご報告

日時:6月17日(土)11時半~
場所:センター事務局(南区大須賀町20-10-1104)
本日の勉強会の講師古川様からいただいた超極上大トロの刺身はもちろん、手巻き寿司、自家栽培のキュウリ、青紫蘇入り鯖そぼろ、
大崎上島の乙姫トマト、・・・などまこと豪奢な品々が卓に並び歓談しながら昼食会
勉強会:太陰太陽歴の話(講師:古川行洋氏)
参加:8名
最後の方のお帰りは18時でした。
参加者からのお便り6.19):
「6月半ば過ぎまで空梅雨のようでしたが、夕方から雨模様。土曜日は楽しい時間をありがとうございました」

2017年

6月

18日

【6.18】瀬野農園だより

農園には数本のバラを植えています。バラはダニなどの害虫や、黒斑病、うどん粉病に侵される事がしばしばあります。農園の果樹はモモ、ナシ、リンゴなどバラ科に属する果樹を多く植えています、バラの成育状況を日頃から観察して置くことで果樹の健康維持に役立ちます。
園の休憩広場前にはスタンダードバラ、プレイボーイが四季を通じて朱橙色の花を咲かせます。
ハウス前にはクライミング四季咲きバラ、スカーレットクイーンエリザベスが鮮やかなな朱色の花を咲かせます。
今年春に横浜「港が見える丘公園」のバラ園の主役、ナエマが加わりました。来年春からピンク色の花が咲き、園内に素晴らしい香りを漂わせてくれる事でしよう(バラ:ホームページに写真)。 画像はプレイボーイ、クイーンエリザベス、ナエマの順です。

【.6.19】前号に小鳥「セッカ」と記しましたが、安佐動物公園で調べて頂いた結果、小鳥の種類は「ホトトギス」でした。

続きを読む

2017年

6月

17日

7/23  果樹栽培体とピザ食事会 ご案内

果樹栽培体ととピザ食事会
日時:7月23日(日)10時から夕方3時まで
場所:瀬野農園(安芸区瀬野4-1279)
会費:大人1500円、子供800円

2017年

6月

12日

【6.11】瀬野農園だより

「梅雨入り最初の日曜日、小雨が幸いしハウス内は、この時季としては大変凌ぎやすい1日でした。
ブドウ瀬戸ジャイアンツは大豆の大きさに成長しました。
今の作業は房揃え、2回のジベレリン処理を終え、「房揃え」をしています。この作業により、粒が重なり成長時にキズが付き、病気の発生原因と
成ることを防ぎます。
専用のハサミで房の中で成長が遅れている粒や、上向き、下向きの粒を切除すると房全体が整います。秋の収穫時季を想像しながらの作業です。
今日は3名の方に朝から応援して頂き大変作業が進みました。
たまにはハウス内に珍客[ウグイス?セツカ?]も訪れます、丁重にお帰り頂きます。写真は密集した房を「房揃え」したところです。野鳥「セツカ?」
も喜んで飛び去っいきました」

続きを読む

2017年

6月

06日

【6.5】瀬野農園だより

瀬野農園では、果樹の袋かけが終了し「ハンカチの木」とまごう程に白い花が咲いています。今年は例年になく、5月26日から今日、6月5日までの間、冷涼な晴天が11日間連続で続きました。知人、友人、家族の協力をえて、モモ、リンゴ、ナシの袋かけが本日終了しホットしています。
高温、多湿の梅雨時期は病害虫が多発します。果樹の実を外敵から守るには袋かけは必要不可欠な作業です。
9日からはブドウ「瀬戸ジャイアンツ」「マスカットベリーA」の2回目のジベレリン処理をおこないます。ジベレリン処理後2週間もすれば、ブドウの実は大きく成長して、「藤稔」を加え3種類のブドウの袋かけを始めます。
続きを読む

2017年

6月

03日

瀬野農園で果樹栽培の体験

「瀬野農園で果樹栽培の体験をしませんか。
安芸区瀬野の農園ではモモ、リンゴなど8種60本の果樹を栽培しています。
現在ナシの袋かけが終わり、モモの袋かけ、ブドウの種ナシのためのジベレリン処理をおこなつています。
モモ、リンゴ、ブドウ、ナシ、キウイフルーツ、カキ、イチジク、柑橘類の栽培方法の体験もできます。
6月10日(土)、11日(日)、10時から夕方3時まで実施します。
当日の昼食は参加者が4人以上になれば、農園備え付けのピザ釜で手作りピザの昼食を提供します。
駐車は普通車3台まで駐車可能です。雨天の場合中止します。緊急連絡先も教えて下さい」

2017年

5月

30日

瀬野農園で果樹栽培の体験をしませんか。

安芸区瀬野の農園ではモモ、リンゴなど8種60本の果樹を栽培しています。
現在ナシの袋かけが終わり、モモの袋かけ、ブドウの種ナシのためのジベレリン処理をおこなつています。
モモ、リンゴ、ブドウ、ナシ、キウイフルーツ、カキ、イチジク、柑橘類の栽培方法の体験もできます。6月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)、10時から夕方3時まで実施します。
当日の昼食は参加者が4人以上になれば、農園備え付けのピザ釜で手作りピザの昼食を提供します。
駐車は普通車3台まで駐車可能です。
雨天の場合中止します。緊急連絡先も教えて下さい。

2017年

5月

30日

【5.30】瀬野農園だより

夏日が続く時期ともなれば、ハウス内の気温も急上昇します。
ハウス内の瀬戸ジャイアンツの花穂の開花がはじまりました。30cmにも伸びた花穂を先端を4cm残し、すべて掻きとります。残った穂が満開になり次第、1回目のジベレリン処理をします。2回目はほぼ10日後にジベレリン処理をすれば、秋の収穫時には種ナシ.皮ごとイチゴ感覚で食べれます。
今後の作業はハウス内の通風に努める等による、うどん粉病の予防、房の粒揃え、袋かけ、灌水、巻きヒゲ.繁茂するつるの処理、と多くの作業が残っています。
以上のように手間暇かけることで皆さんに美味しい、素晴らしいと言って食べて戴く、瀬野農園産、瀬戸ジャイアンツが完成します。

続きを読む

2017年

5月

29日

6/17 シングルの会

日時:6月17日(土)11時半~
場所:センター事務局(南区大須賀町20-10-1104)
勉強会:鮪の刺身と太陰太陽歴の話
担当:古川洋行
会費:500円と1品持ち寄り

2017年

5月

22日

ナシの袋かけが完了しました。

2017年

5月

21日

【5.21】瀬野農園だより

百枝月(ももえつき)ナシの品種名です、二十世紀の枝変わりだけに果実は黄緑色をしています。よほど、農園の地味に合っているのか、8月も半ばになれば400g程度の果実が熟します。昨年秋、長く伸びた新梢を棚付けしたら、ラムネ玉の大きさの実が昨年に倍してみのっています、今日は早朝から袋をかけました。棚田が狭まった場所に植え付けたため脚立を立てるのが窮屈で、モモ、リンゴ、
ブドウの袋かけよりも時間を要します。百枝月、幸水の2本の作業が終了したのは2時過ぎになりました。
天候や鳥獣の被害を受けることがないように願いながら家路に着きました。

2017年

5月

19日

【5.19】瀬野農園だより

ミカンの花の甘酸っぱい香りが園内中に漂っています。この5月は晴天が続き、モモ、リンゴ、ナシの実が順調に育っています。
今日からモモの実に袋かけを始めました。袋をかける事で果実を蛾の被害などから守ることができます。リンゴ、ナシの果実にも
同時並行して袋かけをします。
瀬野農園にはモモ14本、モモの幼木20本、リンゴ6本、ナシ2本、柑橘類6本、キウイフルーツ2本を栽培しています。

続きを読む

2017年

5月

19日

5/19 シングルの会(報告)

日時:5月19日(金)11時半~
場所:センター事務局(南区大須賀町20-10-1104)
勉強会:簡単燻製(担当 辻 美奈穂さん)
参加者:7名(男性3名)
桜木チップを使い、鶏胸肉、竹輪、卵、チーズなどを燻製
参加者からのお便り:
「今日はシングルの会ありがとうございました~☆写真を送ります~~☆」 
<次回の予定>
日時:6月17日(金)11時半~
場所:センター事務局(南区大須賀町20-10-1104)
勉強会:太陰太陽歴の話・塩麹を使ったハム作り
担当:古川洋行・中川二美
会費:500円と1品持ち寄り

続きを読む

2017年

5月

16日

マスカットベリーA、藤稔、瀬戸ジャイアンツ

2017年

5月

15日

【5.14】瀬野農園だより

農園の果樹の緑が一段と濃いく成って来ました。
昨日からベリーA(マスカットベリーA)のジベレリン処理を始めました。1回目は満開より2週間前に実施します。2回目は満開から10日頃実施すると種無しブドウになります。園内のブドウの花穂は一斉に大きく成りませんから数日かけて処理する事になります
瀬戸ジャイアンツも6月入ったら2回のジベレリン処理をします。
最近はイチゴの様に収穫後、即、食する果実が好まれます、その点では瀬戸ジャイアンツの様に皮ごと種無しで食べれる品種は次世に合っているでしよう、一方藤稔の様に大玉で種があるブドウを好まれ方も多いです。
瀬野農園には瀬戸ジャイアンツ3本、ベリーA  4本、藤稔3本、幼木ですが安芸クイーン2本を栽培しています。

2017年

5月

05日

【5.5】瀬野農園だより

今年の大型連休は晴天に恵まれ、乾いた農園の表土を明日の雨が、久し振りに潤おしてくれるでしょう。
日本は降雨量が多く、夏は高温になり、土壌は肥沃なので園内は雑草で覆われます。4月下旬から10月上旬頃までは3週間に1回の頻度で、
ガソリンを燃料としたホンダの草刈機3台が活躍します。ホンダの草刈機は馬力は抜群ですが少々重たく、老体の肩に食い込みます。今年は
既に3,000m2の園内の草刈を2回終えました。今年の目標は雑草を刈る頻度を多くする事で、低い種類の草に自然移行させ、園内の景観を向上
させたいと思っています。これからの農園の作業は、ブドウ、モモ、リンゴ、カキ、キウイフルーツ、柑橘類と多種の果物の摘果、袋かけ、
ブドウの種無し作業へのジベレリン処理、粒揃えと、多くの作業の合間をみての草刈作業です。

■サイト内検索

2017年

5月

22日

ナシの袋かけが完了しました。

2017年

5月

16日

マスカットベリーA、藤稔、瀬戸ジャイアンツ