親子で楽しむこども料理科学教室体験②:報告

親子で楽しむこども料理科学教室体験②:報告
内容: 「’甘い’ってなあに?」
日時:8月3日(日)10時~14時
場所:二葉公民館(東区東蟹屋町)
参加者:大人3名、こども3名、センター側3名
参加者の声:
・「 昨日体験した、桃の糖度13の意味が分かりました」
・「濃度にはいろいろな表示があることが分かりました」
・「重量%と重量/体積%の違いを知りました」
・「自分達で、濃度12%の白砂糖と黒砂糖を作りました。どちらが甘いか、口に入れて比べました」
・「自分達が作った12%砂糖水と市販のいろいろな果物の果汁・ジュース12%を飲んで甘い順に並べました。6名の出した順番が違っていました」
・「夏休みの自由研究で課題を広げます」
・「とても、勉強になり、もう少し若い時に先生に出会って、子供達と、勉強したかったです!又、16日を、楽しみにしています♪」
・「先日は大変お世話になりありがとうございました。濃度や糖度について全く知識が曖昧だったことに気づかされ、親の方が勉強になりました。娘はお料理を作るつもりで行っていたのでちょっと拍子抜けしていていましたが、初めてのフィリピン料理もいただいたり、初めて会ったお友達とも楽しい時間がすごせて嬉しかったようです。毎日食べるものを大切にしていきたいという気持ちがますます大きくなりました。ありがとうございました」

■親子で楽しむこども料理科学教室体験③
内容:「ご飯をよくかむことがいいのはなぜ?」
日時:8月16日(土)
場所:二葉公民館
講師:糸杉彦士朗氏(広島県健康大使)

■親子で楽しむこども料理科学教室体験④
内容:「夏野菜でクッキーを作ろう!」
日時:8月25日(月)
場所:二葉公民館
講師:上田昌文氏(NPO法人市民科学研究室

■サイト内検索

2017年

5月

22日

ナシの袋かけが完了しました。

2017年

5月

16日

マスカットベリーA、藤稔、瀬戸ジャイアンツ