9月27日  米粉料理の献立風景

   日時:9月27日(日)
  場所:祇園公民館(安佐南区西原1-13-26)
  講師:湯川和子事務局員(管理栄養士)
  参加者の中島事務局員から(9.27):
    「今日は米粉料理教室でお世話になりました。
    いろいろお話もしていただいて楽しくつくり食事をすることができました。
    娘もまた作ることが楽しいと思ったようです。
    小麦粉の代わりに米粉をもっと使っていけたら国産米消費になりますね。
    また時間のある時に参加できたらと思います。ありがとうございました。

■米食と合う副食
 日時:10月11日(日)
  場所:祇園公民館(安佐南区西原1-13-26)
  講師:大西真由美氏(野菜ソムリエ) ←HPをご覧ください。
  持参物:エプロン、三角、布巾、手拭き、筆記用具
    参加費:1000円 材料費実費現地支払
  主催:広島文化学園米食文化研究会
  企画:農・食・医 同源研究センター

副題&内容

  大根のお話を聞きながら、大根まるまる1本を使えるようになろう

  さまざまな野菜が1年中出回る時代、本来、野菜には出始めの(走り)、そしていわゆる旬と言われもっとも充実している時期(盛り)、最後に名残りの時期があります。

  これから寒くなり冬に旬を迎える“ダイコン”「なかなか1本使い切れなくて・・・冷蔵庫でしなびてしまって・・・」なんてことありませんか?
  今回のテーマ「米と合う副食」 ダイコンは弥生時代に米と一緒に伝来し栽培されるようになったと言われています。それだけ、昔から親しまれている野菜の1
つ!

  楽しい大根のお話を聞きながらお料理して、これから旬を迎えるダイコンを使いこなせるようになりましょう!

■サイト内検索

2017年

5月

22日

ナシの袋かけが完了しました。

2017年

5月

16日

マスカットベリーA、藤稔、瀬戸ジャイアンツ