9/15 ブドウ狩りとピザ食事会:報告

日時:9月15日(土)11時~14時
場所:瀬野農園(安芸区瀬野4-1279)
    11:00~ブドウ狩り 担当:中村事務局員
    12:00~14:00ピザ作りと食事
参加:大人10名、子供10名
<一場面の再現>
中村事務局員:皆さんの頭の上に張ってあるネットですが、カラスが熟したブドウを食べにくるのを防いでいます。
でも、カラスはりこうで、見てください。ときどき、ほら、こんなふうに網を破ってブドウを食べるので、食べ残されたブドウが、ほら、こんなふうになっているでしょ。
小学低学年男子(山下の顔を見ながら):カラス、来ないじゃ。
山下:そりゃ、今日はこんにたくさんの人間がここにいるから、怖くて来ないのよ。カラスは人間が怖いからね。
 
子供達にはブドウ棚の1房を自分ではさみを使ってもらい、そのまま食べてもらいました。
ところで、今日もお天気に恵まれました。前夜の土砂降りから少しずつ小雨になり、朝8時半頃、農園に向かう頃は小雨。でも、農園に着くと、雨はすっかりやみ、活動中は良い天気。ときに、陽が射すまでに。そして、片付けて帰る2時半頃、また雨。「農園には晴れ男がいる」伝説がまだ生きています。
 
参加者からのお便り:
9.15):
「山下さんが、イチジクやリンゴを皮ごと食べるのを見て、びっくりしました」
山下より9.16):
「瀬野農園産は農薬の心配がないので、皮ごと食べます。イチジクだけでなく、農園で採れたものはモモもナシもリンゴもブドウもカキも、キウイも、皮ごと食べますよ。作り手の顔が見え、農薬を避けて育てられた果物です。
皮にはいろいろな種類の体に良い成分、いわゆる抗酸化物質や食物繊維が豊富に含まれています。それを知って積極的に皮ごと食べるようになってからは、農園産の旬の果物大好き人間になりました。皆様も農園にお越しのときは、ぜひ、皮ごと食べる採りたて果物の乙な口触りと味も!楽しんでください」

■サイト内検索

2018年

6月

21日

今日の日川白鳳の状況

2018年

4月

10日

瀬野農園