【5.26】瀬野農園だより

「今年も農園は、7月からの収穫を前に最高に多忙な時期を迎えています。
ブドウの瀬戸ジャイアンツは開花前を前に、成長を抑えるための、新梢のピンチをしています。藤稔は開花が始まり、花穂揃え及び、旺盛な巻毛の除去、ベリーAは、第1回目の種ナシ作業のジベレリン処理が完了しました。来週から、瀬戸、藤稔の房揃えを終え、第1回目のジベレリン処理を始めます。
モモは摘果が終わり、あきぞらの袋かけを始めました。ナシ、モモは摘果が終わり袋かけを始めます。
3,000m2
の農園全体は、2回目の除草を終え、現在はゴルフ場の様に綺麗ですが、これから9月までは雨の量も増加し、最低でも2週間に1度のペースで草刈りをします。
都市では高温な日々が続いていますが、冷涼な風が吹き、日々果樹の成長が観察出来る農園では、心から楽しんでの作業となります」

■サイト内検索

2019年

6月

20日

ブドウ瀬戸ジャイアンツ

ブドウ瀬戸ジャイアンツに雨除け傘を施した風景

2019年

6月

06日

3種類のブドウ

ベリーA

瀬戸ジャイアンツ

藤稔