【6.25】瀬野農園だより

7月に入ると瀬野農園では、待望のモモの早稲種日川白鳳、武井白鳳が収穫期を迎えますが、その前にブドウの種無し化2回目のジベレリン処理を行います。

 

その後、2日以上の晴天が続くのを見て、病害虫・鳥害の予防、袋かけを行います。梅雨の長雨時期は天気の長期予防を見ながら作業日を決めます。

 

その昔、山登りのおり小川の水で喉を潤す時、「測候所、測候所と唱えれば腹あたりがしない」との逸話がありました。

 

気象衛星、スーパーコンピューターの助けを得ても、まだまだこの時間の天気の予測は難しいようです。

■サイト内検索

2020年

7月

09日

ヒヨドリによる被害

2020年

7月

04日

成熟間近の小玉早稲種(日川白鳳)

2020年

6月

10日

満開のブラックべりー